【Linux】diffコマンドの結果を見やすく表示する

Linuxコマンド シェル

diffコマンドは、その名の通り
2つのファイルの差分を確認するコマンドである。

テストや検証のとき、処理前後の差分を確認したいというケースはよくある。

そんなとき、diffコマンドを使いこなせるようになると、
差分確認が圧倒的に楽になる。

基本構文

基本構文はとてもシンプルだ。

$ diff ファイル1 ファイル2

しかしこのまま使うことはおすすめしない。
理由は非常に見づらいからだ。

おすすめ構文

私のおすすめ構文を紹介する。

GitHubで見慣れた形式で差分を表示

GitHubの差分表現は、unified形式というらしい。

私の個人的な感想では、これが一番シンプルだと思う。

$ diff -u ファイル1 ファイル2

差分があるかどうかだけを知りたい

とりあえず差分のあり/なしを知りたいというときもよくある。

この場合は次のように-qオプションを利用する。

$ diff -q ファイル1 ファイル2

横に並べて差分を見たい

やはり横に並べて左右で見比べるのは、
直感的に分かりやすい。

左右にファイルが表示され
差分のあるところは不等号(<, >)でマークがつけられる。

$ diff -y ファイル1 ファイル2

色が欲しいとき

上記で紹介したdiffコマンドは、全て白黒である。

普通であれば、色付きで見たいところだ。

方法は2通り存在する。

  1. vimdiffコマンドを使う
  2. colordiffコマンドを使う

私はvimmerであり、なおかつインストール不要という点で
vimdiffコマンドを多用している。

fruit1.txt

apple
orange
banana

fruit2.txt

apple
banana

実際につかってみると
このような見た目で表示される。

vimdiffコマンドの実行画面

まとめ

  • GitHubっぽくみる:-u
  • 横に並べてみる:-y
  • 色をつけてみる:vimdiffコマンド
タイトルとURLをコピーしました